手話を仕事にするには?職業の種類と手話の活かし方

 

easy_study

easy_kyozai

手話で仕事をするためには、手話関係の検定を持っていたり、資格を取得するといったことが求められます。

 

手話を使用する有名な仕事では、手話通訳士がありますが手話通訳士とはどんな仕事なのでしょうか?

 

当ページでは、手話を使用する仕事の詳細を説明しますので、これから手話を仕事に活かしたいという方は是非ご覧ください。

 

手話を仕事にすることでどんなことが

オススメ

年々、ろう者と手話でコミュニケーションを取れる人の需要は高くなっていることはご存知ですか?

 

手話を仕事にすることにより、ろう者や健聴者問わずに沢山の方とコミュニケーションが取れるようになります。

 

また、目標ややりがいを見つけることもできます。

 

目標を達成した時の達成感や、自分が人のために役に立てているといったことを感じやすい仕事です。

 

時には失敗して落ち込むこともありますが、一生困らない大切なスキルになりますので、全国どんな時でも力を発揮することができます。

手話の仕事の内容

手話

手話を仕事にすると、ほとんどが通訳の仕事になります。

 

そのため、手話の通訳を行って周りの人の助けになる仕事を目指したい方は、手話通訳士になるのが良いですが、手話通訳士の資格を取得してもすぐに通訳の依頼が来るというわけではありません。

 

手話通訳士の詳細はこの後説明します。

 

手話はコミュニケーションツールですので、福祉や介護、接客業へ取り入れることができます。

 

その場合、ろう者の方とコミュニケーションを取る関係の仕事になることが予想されます。

 

施設や企業に就職した場合、手話の役割以外の場合では、事務職になることが多いようです。

 

仕事とは少し離れますが、地域のボランティア団体での活動もすることができます。

手話に関係する仕事の種類

手話

手話に関係する仕事の種類の詳細を説明していきます。

手話通訳士について

手話通訳士になるには?

手話通訳士になるために、基本的な手話技術と手話通訳の訓練が必要になります。

 

手話通訳士の資格を手に入れるためには、厚生労働省が認定する手話通訳技能認定試験で合格しなければなりません。

 

手話通訳技能認定試験の合格率は20%ほどで、簡単なものではありません。

 

この手話通訳士の資格を取得すると、裁判や政見放送などの公的な場所で、手話通訳を行うことができるようになります。

 

しかし手話通訳士の資格を持っていなくても、都道府県認定の手話通訳者の試験に合格することで手話通訳をすることができます。

 

全国で活躍している手話通訳をしている人は、大体この試験の合格者になります。

 

手話通訳士は市役所や病院、社会福祉法人などで働いていますが、手話通訳士としての求人は少なく、職員として採用され兼務している場合が多いようです。

 

手話通訳の仕事自体は特別な資格を必要としないので、スクールや独学で技術を身につけてボランティアをしたり、福祉関連の施設で手話通訳ができる職員として働く人が多いです。

手話通訳士になった時の給料や待遇

お金

手話通訳のみで活躍して生活を続けられるという人はほぼいません。

 

それは国を始めとした自治体が、手話通訳に充てることのできる予算が高くないからです。

 

大体の方が職員として働き、手話通訳士を兼務しているのが実情です。

 

働く場所や雇用形態により給料は変わりますが、契約社員として採用されると月給15万~18万ほどの給料になるようです。

 

その他の資格として、介護福祉士や社会福祉士の資格を持ち、介護福祉施設に勤めることになると時給1500円以上を得ることができたり、常勤の職員として採用されやすくなるようです。

 

給与面には恵まれているとは言えませんが、常勤になれば勤務先の社会保険に加入できたりボーナスや退職金といった制度を利用できる機会が増えます。

 

手話通訳士については、「手話通訳士とは?|手話通訳士講座で試験の対策を」でも解説をしています。

手話通訳者

手話通訳者とは、手話通訳に必要な知識や技術などを習得し、地域で手話通訳活動を行います。

 

手話通訳者になるためには、主に都道府県が認定した民間機関である、全国手話研修センターが実施する手話通訳者全国統一試験に合格する必要があります。

手話奉仕員

手話奉仕員とは、市町村で手話通訳士や手話通訳者が足りない場合は、手話奉仕員が手話通訳をすることがあります。

 

習得した手話を活用して、地域の聴覚障害者団体の行事への参加や、手話サークル活動への参加などの手話活動を行います。

 

市町村の手話奉仕員になるためには、市町村が実施する手話奉仕員養成講座の修了が必要になります。

 

手話奉仕員養成講座には、入門課程と基礎課程があり、基礎課程を修了し登録を行うと手話奉仕員になります。

 

市町村によって異なりますが、高校生から講座に受講できるようです。

福祉や介護、接客業など

高齢者の手を握る画像

福祉や介護、接客業、公務員など実は手話を活かすことができる仕事は多いです。

 

手話通訳士の資格を取得していなくても、手話の検定を取得していれば優遇される場合があります。

 

どちらとも、事務職と兼ねる場合が多いです。

 

手話通訳士の資格を取得している場合の方が、給料面や就職面では優遇される可能性は高まります。

手話を覚えるためにはどうすればいい?

疑問

手話を覚えるためにはどういったことが必要になってくるのでしょうか?

 

手話を勉強するために、教室や講座、サークルなど様々な方法があります。

 

しかし、先ほど挙げた方法はおすすめできません。

 

何故かと言えば、楽しみながら手話を覚えることができないからです。

 

サークルなら楽しく覚えることができるのでは?と考える方はいると思いますが、手話サークルへ勉強をするために行っても、雑談だけで終わる場合が多いのが現状です。

 

そのため、初めて手話に入門する方や初心者の方は、まずは自宅で楽しみながら継続学習できる方法が一番だと考えました。

 

そこで今回紹介する方法は、自宅で93分で手話を身に着けることができるDVDを紹介します。

谷千春先生が教えるワンステップ手話講座DVDで手話を覚えよう!

手話を覚えるには書籍よりもDVDの方が覚えやすいと言えます。

 

何故かと言えば、DVDでは書籍には無い手の動きをしっかり見ることができるからです。

 

今回紹介している「谷千春先生が教えるワンステップ手話講座DVD」は初心者にうってつけで、手話の単語の生い立ちの解説から復習まで、何度でもゆっくり見ることができます。

 

詳しい説明の続きは以下のリンクを参照してください。
→【初心者必見】DVDで学べる谷千春先生の手話講座

まとめ

まとめ

今回紹介した手話の仕事の詳細については如何だったでしょうか。

 

年々需要が高まる手話のスキルを身に着けておけば、いざという時に役に立つだけでなく、様々な人とコミュニケーションを取ることができるようになります。

 

また、そういった社会貢献だけでなく、性格や表情が明るくなり自己成長もすることができます。

 

通訳するだけが仕事ではなく、コミュニケーションを取ることも大切になっているので、是非今回紹介したことを役立ててください。

関連記事

谷千春先生が教えるワンステップ手話講座DVD公式サイト

手話教室検索トップページへ戻る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です