手話講座で手話を学ぼう!効率よく手話を学ぶために必要なことは?

 

 

手話講座を受けてもっと手話でコミュニケーションが取れるようになりたい
独学でうまく手話を学べる自信がないから講座を受ければ手話ができるようになるかな?

こんなことを思ったことはありませんか?

 

手話講座は地域別で開かれていることが多く、手話講座のレベルも様々なものがあり、始めたての入門者の方が受ける「初心者コース」や、もっと手話でコミュニケーションが取れるようになりたい方向けの「中級者コース」や「上級者コース」があります。

 

東京の様な大都市であれば、様々な区で多くの講座が開かれていますが、地方の場合は手話講座は1年に数回しか開かれておらず、週に1回ほど講座を受けるペースになります。

 

ですが、実は手話講座は自宅でも「初心者コース」や「上級者コース」を受けることができるのはご存知ですか?

 

当ページでは地域別で開かれている手話講座の情報や、自宅でも手話講座を受けられる方法についてまとめていますので、是非ご覧ください。

 

手話講座はどうやって受ける?

疑問

手話講座は地域で開かれている講座だけでなく、テレビなどでも講座が実施されています。

 

手話講座だけではなく手話サークルや、手話に関する本や辞典から手話を学ぶことができますが、指の動きが分からなかったり、ろう者の手話の動きが早すぎてついていけないため、基本的には入門者向けではありません。

 

ある程度手話に関する基礎知識が付いているのであれば、手話サークルや本、辞典での手話の技術を磨くことをオススメできます。

地域の手話講座から学ぶ

サークル学習

地域の施設や学校などで、手話講座が開かれる場合があります。

 

手話講座のレベルは初級や中級、上級の3つのコースがあります。

 

手話の講座が開かれる時期や期間、定員は決まっているので、もしも手話の講座を受けるのであれば、地域のホームページをチェックしてみて下さい。

 

手話講座についての詳細を掲載している場合がありますので、気になることや質問があれば、掲載されている連絡先へ、お問い合わせをしてみて下さい。

ソフトバンク手話教室

ソフトバンク手話教室では、語学教育の理論と方法を身に付けているネイティブな講師が指導し、初めて学習される方でも会話を通じて気軽に楽しむことができ、手話の種類の一つ、日本手話を学ぶことができます。

 

ソフトバンクの手話教室では、効率よく日本手話を勉強するために学習経験によりコースを設定しています。

手話レベル 入門者 初心者 中級者 上級者
東京 NAⅠ、NAⅡ JSL初級 JSL基礎 JSL総合、ステップアップ
大阪 ビギナーⅠ、ビギナーⅡ ベーシックⅠ ベーシックⅡ

NAⅠ…手話の学習経験がない方を対象にまずは音のない手話の世界に慣れることから始まります。
10か月ほど(前期後期)各12名、料金:60,000円

 

NAⅡ…簡単な日本手話を読み取れるように学習し、基本的な日本手話を身に着けていきます。
10か月ほど(前期後期)各12名、料金:60,000円
※前期30,000円、後期30,000円

 

JSLコース…手話に慣れてきた方向けのコースです。
講師は手話だけで授業を行い、日本語の話し言葉による説明は行いません。
見て分かる様になってから表現をする、理解は表出に先行するという考えに基づき指導します。

 

JSL初級…まずは日本手話に慣れ、手話を手話のまま理解できるようにします。
手話学習歴1~3年ほどの方、10か月ほど、定員:12名、料金:60,000円

 

JSL基礎…ネイティブな講師との会話を通じて、ろう者の手話表現や話し方などが自然に学ぶことができます。
手話学習歴3~8年ほどの方、10か月ほど、定員:12名、料金60,000円

 

JSL総合…ろう者の手話を使いこなせるようにさらにレベルアップしたい方向けのコースです。
本講座では、日本手話の音韻、文法、CL、語彙、ロールシフトなどを習得できるように集中的にトレーニングします。
手話学習歴8年~の方、10か月、定員:12名、料金60,000円

キャリア・ステーション手話講座

手話の専門スクールのキャリア・ステーションでは短期間で飛躍的に力を伸ばすことができます。

 

週1回の2時間通学で無理なく習得でき、初心者も3ヶ月で日常会話をマスターできます。

 

また、手話技能検定に対応している内容です。

レベル1

会話スタート24時間コース(手話技能検定5級ほど)

レベル2

会話完成80時間コース(手話技能検定3級ほど)

レベル3

通訳実践80時間コース(手話技能検定準2級ほど)

標準的な学習期間 6か月(40時間) 2年(160時間) 3年(240時間)
当校での学習期間 3ヶ月(24時間) 1年(80時間) 1年(80時間)

因みにですが、キャリア・ステーションの手話講師の一人として先ほどの手話DVDにも登場した、谷千春先生が講師をしています。

テレビの手話講座から学ぶ

テレビ

自宅でも手話講座を受けられる方法の一つに、テレビからNHKの手話の講座をみて勉強することができます。

 

一連の手話講座を放送した後、再放送をするという形になっています。

みんなの手話

みんなの手話は、手話を習いたての初心者の方が楽しく手話を学ぶことができる番組になります。

 

「手話を学びたいけれど、その機会が中々ない…」

 

こういった方が基本的な手話の言葉や表現の仕方を学ぶのに適しています。

 

聴覚障害者と健聴者のコミュニケーションを図ることを目的にされており、聴覚障害者に対しての日常の手話会話を、映像や字幕などで分かりやすく紹介をします。

 

そんなみんなの手話のナビゲーターにはV6の三宅健さんが選ばれています。

 

なぜナビゲータに三宅健さんが選ばれているかといえば、握手しに来たファンの一人にろう者がいて、手話で何かを言っていたそうなのですが、読み取ることができなかったのが心残りになり、手話の教室や講座へ通い学び始めたそうです。

 

その後、手話が上達しナビゲーターとして選出されるようになりました。

 

Twitterでのお知らせやFacebookでのお知らせもありますので、更新情報はそちらで確認ができます。

 

普段は日曜日の午後7:30~7:55まで番組が行われていますが、再放送もしており火曜日の午前10:25~10:50分にも行われています。

 

そんなみんなの手話の内容は、ろう者が日常生活で使う手話を楽しく学ぶ初心者向けの番組です。

 

手話を学びたいけれども、そういった機会が中々ない方に、基本的な手話の語彙や表現の仕方を学ぶことができます。

 

このみんなの手話はテキストとしてNHK出版からも見ることができ、見逃してしまった内容や復習したい内容などを勉強するのに適していると言えます。

 

みんなの手話のホームページは以下のリンクになります。
みんなの手話|NHK福祉ポータル ハートネット

ワンポイント手話

ワンポイント手話はNHK手話番組の一つで、中途失聴者やろう者のために学びやすい工夫がされた手話番組になります。

 

番組が放送される時間帯は、火曜日の午後10:45分~10:50分、再放送される時間帯は、火曜日の午前10:50分~10:55分、水曜日の午後3:25分~3:30分になっています。

 

基本的には週1回の放送になりますが、放送時間が変更される場合がありますので注意して下さい。

ワンポイント手話はNHK手話番組の一つで、中途失聴者や難聴者のために学びやすい工夫がされた手話番組になります。

 

ワンポイント手話のホームページは以下のリンクになります。
ワンポイント手話|NHK福祉ポータル ハートネット

こども手話ウィークリー

「最近のニュースについて知りたいけれど普通のニュース番組じゃ内容を理解するのは難しそう…」

 

聴覚障害を持っている児童や生徒に見てもらうことを中心に、1週間に起きた様々な情勢についてわかりやすい説明をしている番組になります。

 

放送される時間帯は基本的に日曜日午後6:50分~7:00に放送されます。

 

こども手話ウィークリーは、インターネット上からも見ることができます。
NHK手話ニュース こども手話ウィークリー

通信講座で手話を学ぶ

手話はインターネットから講座を受ける通信講座でも勉強することができます。

 

ユーキャンの手話入門講座

1日30分で週2日のレッスンを行い、3ヶ月で習得します。
一括払い41,000円
分割払い:2,980円×14か月=総計41,720円(税込・送料負担)
お届けする教材…メインテキスト6冊、添削3回、標準学習期間3ヶ月
副教材…DVD12巻、手話情報百貨、イラスト人名辞典1000、ガイドブック

DVDの手話講座から学ぶ

dvd

自宅で手話講座を受けられる方法としておすすめできるのが、手話DVDで講座を受けることになります。

 

手話は手や表情を動かして表現する言語なので、手話を覚えるのであれば本や辞典ではなく、動きのあるDVDによる手話講座をおすすめしています。

 

動かして表現する手話には、自宅で動画を見て覚えることができる、DVDが最適と言えます。

 

DVDによる手話の講座であれば繰り返し何度でも習うことができ、納得いくまで勉強することが可能です。

 

また、DVDによってはミラー学習を採用している教材があり、動画を見て真似するだけで覚えることができるものがあります。

おすすめはDVD学習!どの手話DVDでも大丈夫?

考える女性

手話を勉強することができるDVDと言えば、日本手話通訳士協会や通販サイトで様々な種類の手話DVDが販売されていますが、中にはあまり初心者や入門者向けではないDVDがあります。

 

もしかしたらあなたは既に、DVDを見て勉強しようとしたけれども、難しくて途中で諦めてしまった経歴の持ち主かもしれません。

 

それは、市販されている手話DVDは動きが早く、初心者向けではないのです。

 

基本中の基本を省いたり、単語に関する背景知識などを説明しないため、一番始めに覚えるには難しく、中級者以上から勉強し始めるのが良いと言えます。

 

初めから初心者が、独学で手話を学ぶために開発された学習教材で勉強することが一番と言えます。

 

手話のDVDやビデオをレンタルしている場所もありますが、レンタル可能な場所は限られます。

 

聴力障害者情報文化センターなどでレンタルがありますが、わざわざ申請をしなければならず、加えてレンタルの期限があるので、満足にDVDやビデオを見ることができないかもしれません。

 

そのため、忙しい中でも時間がある時でも覚えることができる、一番やさしい手話DVDが求められます。

初心者におすすめの手話DVDの紹介!

初心者の方やまだ手話を習ったことがない入門者の方におすすめできる、手話を勉強可能なDVDを厳選しましたので、紹介をしていきます。

DVDだからよくわかる基本の手話

DVDだからよくわかる基本の手話

「DVDだからよくわかる基本の手話」では、こんな内容が収録されています。

  • あいさつ
  • 日常会話
  • 仕事で使う会話

また、日常会話だけでなく会社や銀行、病院や図書館などの公共機関や、薬局やレストランなどのお店での基本的な手話の応対を解説してくれます。

 

本の写真を見て学ぶことができますが、付属しているDVDを見ても学ぶことができますし、ミラーリング機能という動画内の動作に対して、まるで鏡のように自分の動作も合わせることができる機能を採用しています。

DVDつき ゼロからわかる手話入門―手の動きがすぐにマネできる「ミラー撮影」採用

ゼロからわかる手話入門

「ゼロからわかる手話入門」は手話を始めてみようと考える方向けに、基本の指文字から簡単な挨拶、会話のポイント、よく使う単語などをまとめて、DVDとあわせて解説している書籍です。

 

「ゼロからわかる手話入門」では会話の羅列だけではなく基本の構文を応用することで、会話のバリエーションが広がる構成が特徴です。

 

年々語彙が増えていく手話に合わせた新しい言葉や、地震や震災などいざという時に役立つ表現も盛り込まれています。

 

DVDにはスロースピードとノーマルスピードの2段階で収録されており、音声ありやなしが選択できる他、右利きや左利きの両方の動画が収録されているので、真似しやすい方で覚えることができます。

谷千春のワンステップ手話講座

ワンステップ手話講座

元NHK手話ニュースキャスターの谷千春先生が、手話を習ったことがない初心者でも手話を使って自由にコミュニケーションが取れるようになるDVDです。

 

「ワンステップ手話講座」にはこんな内容が収録されています。

  • 日常で使うあいさつの手話基本編
  • 手話の基本5要素
  • 世界各国の手話
  • 手話技能検定5級、6級、7級レベルの日常手話を使いこなす
  • あいさつに隠された共通のポイント
  • 間違いやすいフレーズを1度でマスターするには?

などの内容が収録されています。

小さな子供にもおすすめできる手話DVD

手話をする女の子の画像

当サイトで一番オススメできるDVDは、手話を全く習った事が無い初心者でも、小さな子供でも、手話で自由にろう者とコミュニケーションが取れるようになります。

 

実は手話は考えているほど難しいものではなく、ちょっとしたコツをつかむことで、初心者でもドンドン上達することができます。

 

あなたはそのDVDを見て学習することで、初心者でも自宅で93分で手話を身に着けることができるようになります。

 

そんな夢のようなDVDが、「ワンステップ手話講座」になります。

 

谷千春先生のワンステップ手話講座について詳しくは、下記のリンクを参照してください。
→【初心者必見】DVDで学べる谷千春先生の手話講座

手話通訳者養成講座について

講義や課外講座に使用する教室

手話通訳者養成講座は、手話通訳者を養成することにより聴覚や言語機能、音声機能などの障害のため、意思疎通を図ることに支障がある障害者などの自立した日常生活または社会生活を支援し、聴覚障害者の福祉増進に役立てることを目的とします。

 

この手話通訳者養成講座は基本コースや応用コース、実践コースがあり、受講料は無料で教材費は受講者負担になります。

※地域によって異なります

 

手話を初めて習う方や手話の技術向上を目指す方は、手話奉仕員養成講座を選択してください。

地域別手話通訳者養成講座

日本地図

北海道

北海道手話通訳者養成講座公開講座

東北地方

青森県

青森県聴覚障害者情報センター/講座

岩手県

人材養成 – 岩手県立視聴覚障がい者情報センター

宮城県

通訳者養成講座-宮城県聴覚障害者情報センター

秋田県

平成28年度秋田県手話通訳者養成研修会について

山形県

一般社団法人山形県聴覚障碍者協会 手話通訳者養成講座

福島県

関東地方

東京都

東京都手話通訳者等養成講習会

群馬県

平成28年度手話通訳者養成研修を開催します

埼玉県

2016(平成28)年度埼玉県手話通訳者養成講習会 【手話通訳Ⅰ】

神奈川県

神奈川県手話通訳者養成講習会

茨城県

茨城県立聴覚障害者センター「やすらぎ」手話通訳者Ⅰコース公開講義

千葉県

講座案内 千葉聴覚障害者センター

栃木県

栃木県/平成28年度手話通訳者養成講習会の開催について

中部地方

新潟県

一般社団法人新潟県聴覚障害者協会の事業計画日程

山梨県

山梨県手話通訳者養成講習会

長野県

手話奉仕員養成講座

富山県

富山県聴覚障害者センター 業務内容

石川県

金沢市手話奉仕員養成講座

福井県

平成28年度福井県手話通訳者Ⅰ養成講座

岐阜県

岐阜市手話通訳者養成講座

静岡県

公益社団法人静岡県聴覚障害者協会

愛知県

あいち聴覚障害者センター

近畿地方

三重県

手話通訳者養成講座 – 三重県聴覚障害者支援センター

滋賀県

滋賀県立聴覚障害者センター

京都府

京都市手話通訳者養成講座 – 京都市聴覚言語障害センター

大阪府

大阪府/大阪府手話通訳者養成講座を開催します

兵庫県

手話通訳者養成(通訳Ⅰ)講座

奈良県

奈良県聴覚障害者支援センター|事業案内 〜手話通訳〜

和歌山県

平成28年度手話通訳者養成講座 – 和歌山県聴覚障害者情報センター

中国地方

鳥取県

手話通訳者養成講習会等の案内 – 公益社団法人鳥取県聴覚障害者協会

島根県

島根県:手話通訳者の養成講座の周知について

岡山県

岡山県聴覚障害者センターへようこそ

広島県

広島県手話通訳者養成講座

山口県

平成 28 年度 山口県手話通訳者養成講座「手話通訳Ⅰ」のお知らせ

四国

徳島県

平成28年度手話通訳者養成講座【手話通訳2】受講者募集について | 徳島県

香川県

香川県聴覚障害者福祉センター

愛媛県

愛媛県庁/平成28年度の県内の手話及び要約筆記に関する研修情報

高知県

高知県聴覚障害者情報センター | 社会福祉法人 小高坂更生センター

九州地方

福岡県

手話通訳者養成講座 – 福岡市 ふくおか市政だより WEB版

佐賀県

手話通訳者養成講座<Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ(実践)>-佐賀県聴覚障害者サポート

長崎県

長崎市 手話通訳者・要約筆記者養成

熊本県

手話通訳者養成講座 – 熊本県ろう者福祉協会

大分県

手話通訳者養成講座 – 大分県聴覚障害者センター

宮崎県

県立聴覚障害者センター 手話通訳者養成講座・基本課程講習会申込のご案内

鹿児島県

平成 28 年度 手話通訳者養成講座(通訳者Ⅰ) – 鹿児島県視聴覚障害者

沖縄県

手話通訳者養成講座 | 沖縄聴覚障害者情報センター

手話を勉強して自信がついてきたら?

応用

手話の資格や検定を受けてみよう

検定

もしも初心者ではなくなった、もしくは手話の自信がついてきた方は、手話の検定や資格を受けてみることをおすすめします。

 

資格や検定を受けることで、自分がどれくらいの手話レベルに達しているかを判断できる、目安になります。

 

手話の資格については「手話の資格について知ろう!資格取得におすすめできる方法とは?」を、検定については「知っておきたい手話検定のこと!マル秘の勉強方法で合格を目指そう!」にて解説しています。

手話サークルでろう者の方とコミュニケーションを取ってみよう

高齢者の手を握る画像

手話サークルに1回も行ったことがない人は、1度近くのサークルを見学してみることをおすすめします。

 

サークルでろう者の方とどれくらい手話でコミュニケーションが取れるのかであったり、ろう者の方と友達になれるなどができます。

 

またサークルの中には、手話ゲームサークルというものもあり、ゲームをしながら楽しく手話を勉強できるサークルもあります。

 

勿論、手話サークルでゲームを行っていない場合はこういったゲームがあると知らせて、サークルの仲間同士でゲームをすると、より一層楽しく手話を覚えることができます。

 

手話を勉強して少しづつコミュニケーションが取れるようになっても、まだまだ覚えることや知っておきたいことはたくさんありますので、色んなことに挑戦して自分を磨いて高めていってください。

まとめ

まとめ

手話講座は月に数回である場合が多く、本格的に手話を学ぶのであれば、空いている時間を使い継続して手話を覚えることが一番です。

 

手話に関する本や辞典で学ぶのもいいですが、手話は視覚言語なため相手にとって分かりやすく表現することがいちばん大事なポイントになります。

 

そのためDVDから勉強することで、より一層手話でコミュニケーションを取りやすくなります。

 

手話に関する基礎知識を得た後は、実際に手話サークルへ加入してみたり、ろう者の方と手話を行って手話を読み取る技術と分かりやすく伝える技術を上げていくと、手話でコミュニケーションを取りやすくなることが可能です。

 

ぜひ手話を継続して学び続けるために、楽しみながら勉強できる方法を探してみてください!

 

関連記事

 

谷千春先生が教えるワンステップ手話講座DVD公式サイト

手話教室検索トップページへ戻る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です